食べ絵 たらの芽

こんばんは。奈々です。

 

日曜日の昨日、風がビュービュー吹くなか、

家族4人で近所の道を散歩してきました。

住宅地を過ぎればもう誰もいなくて、

あるのは雑木林や草むら、田んぼや小山など。

ここら辺は、そういう場所が広大にあります。

 

なんにもなくて、ただただ草ボウボウの散歩道のようですが、

この季節、楽しみなものがあります。

「山菜」です。

暖かくなってくると、様々な種類の山菜が近所の林や山で見つかるんですよ^^

今日見つけたのは、「たらの芽」でした。

手の届かないくらい細長い、棘だらけの枝のてっぺんに、

食べられる部分がポツーンとついてます。

天ぷらや和え物にして食べると、コクがあってすごく美味しいんですよね。

買えば、なかなかいい値段・・・!

ひと儲けできるのでは?(笑)

 

ちょっと山菜に詳しい人なら

見つけたらすぐに取っていくと思うので、

ここにあるのはまだ生えたばかりなんだろうな。

(先がヒラヒラと伸びてきた頃が一番の食べごろらしいけど、

つぼみ状態でも十分美味い。)

 

私たちは、たらの芽を取る道具は何も持ってこなかったので

そのまま通りすぎて帰りました。

というか家には、じいちゃんばあちゃんがこないだ山で採ってきてくれた

たらの芽もあったからね。

じいちゃんとばあちゃんは山菜に詳しくて、いろんな山菜を取ってきてくれるんですよ。

毒のある草との見分け方も知ってるのでスゴイ。

私たちはない能力であります・・・

(私たちが見分けられるのはたらの芽、フキノトウ、ワラビくらい。一目瞭然なものばっか)

 

 

とまぁそんなわけで、今日は

食べ絵「たらの芽」を描きました。

実際にはもっと赤紫の部分もあります。

取るときはトゲトゲに気をつけましょう。

 

 

 

それでは、また明日。

 

 

 

☆ご意見・ご感想はこちらまでどうぞ☆
info@mongorojon.com