愛用の画材2

こんにちは。奈々です。

 

こないだ「愛用の画材」というタイトルで、

私がアナログで漫画を描いていた時の画材をちょこっと紹介しました。

そしたら、興味を持ってくださった方もいらっしゃったようなので、

それつながりで今日は、

愛用の「原稿用紙」をお見せしたいと思います。

こちらです!

 

 

・・・と思ったらもう手元に在庫が残っていなかった!

ガクシ。

 

漫画には、漫画専用の原稿用紙というものがあるんですよね。

普通のコピー用紙よりも厚くて、丈夫な紙で出来てます。

これまた、色々なメーカーがあるんですが、

私はアイシーというメーカーの原稿用紙が好きで、よく使っていました。

紙なんかどのメーカーのも同じなんじゃないかと思いきや、

あれこれ描き比べてみると、メーカーにより微妙〜に性質が違うんですね。

乾きが早いもの、線が綺麗にかけるもの、安価に手に入るもの・・・などなど。

 

で、特に私や雅也先生は線を太く描くほうで、ペンの筆圧が強いので

紙によっては表面をゴリっと彫っちゃって、

そこから線がブワブワにじんでしまい、

きたなかっこ悪くなってしまうんです;;

 

アイシーの原稿用紙、ほかのメーカーのものより若干高いんですが、

描き味も滑らかで、強い筆圧にも耐えてくれて丈夫なので、愛用していました。

インクが乾くのには少し時間がかかるのですが、

それよりも描き味の方を選んだわけなのです^^

綺麗な線を描きたいけれど、

ペンが紙にガリガリ引っかかっちゃって

うまくいかないな〜という方、

おすすめですよ。

 

 

それでは、また明日!

 

 

 

・・・と言いたいところですがこのままでは絵のないまま終わっちゃうので、

私のペン入れ風景の動画でも載せてみますね。

(違う原稿用紙なんだけど;)

見えにくいけど、先に水色シャーペンで下書きしてから描いています。

インクが濃くなってしまってるのか、

線のノビが悪くて何度も途切れながらでしたが、

なんとか描けました>v<

 

 

 

 

 

では、また明日!!

 

 

 

 

☆ご意見・ご感想はこちらまでどうぞ☆
info@mongorojon.com

 

 

☆こちらもどうぞ☆

これが愛用品の、アイシーの原稿用紙。↓